社会性の人類学的探究 トランスカルチャー状況と寛容/不寛容の機序

ハザード・シンポジウム(公開)「在来知を通した東日本大震災からの復興」

2021年6月12日(土) 14:00〜18:00
開催形式:オンライン

<プログラム>
14:00〜14:05 はじめに―趣旨説明:西井凉子(AA研)
第一部 基調講演
14:05〜14:55 竹沢尚一郎(国立民族学博物館名誉教授)
「地域社会・震災展示・原発事故避難者―東日本大震災から10年」

第二部 関谷雄一・高倉浩樹(編)『震災復興の公共人類学―福島原発事故被災者と津波被災者との協働』(東京大学出版会、2019)より
15:10〜15:30 関谷雄一(東京大学)
15:30〜15:50 トム・ギル(明治学院大学)
15:50〜16:10 高倉浩樹(東北大学)

16:25〜16:45 コメント:内山田康(筑波大学名誉教授) 
16:45〜18:00 全体討論

共催:科研費基盤研究(A)「人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開:危機を中心に」(17H00948・代表:西井凉子)・AA研基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対処する『在来知』の可能性の探究:人類学におけるミクローマクロ系の連関2」

本シンポジウムは、事前登録が必要です。
6月10日(木)23:59(JST)までに下記Google フォームより事前登録をお願いいたします。
事前登録先リンクはこちら

※事前登録をされた方に、開催前日までにメールにてZoom情報をお知らせいたします。
→6/11にhazard.sympo.ilcaa@gmail.comのアドレスより一斉配信しました。お手元に届いていらっしゃらない方は同アドレスまでお問い合わせください。
→6/12朝、担当者gmailアドレスより一斉再送しました。お手元に届いていらっしゃらない場合、ご自身の迷惑メールフォルダに自動振り分けされている可能性もございますので、そちらをまずご確認ください。また、2名ほど、参加登録時のメールアドレスからエラーとなって返送されてしまっております。お心当たりのある方は、下記宛にメールにてご連絡ください。

お問い合わせは、AA研人類学班・シンポジウム運営事務局hazard.sympo.ilcaa@gmail.comまでご連絡ください。